おすすめの音楽教室

​音楽教室の種類

2016年08月08日 12時58分

音楽教室の種類はさまざまです。ボーカルで言えばボイストレーニングやカラオケ教室もあります。楽器を弾けなくても気軽に学べるのが魅力でしょう。弦楽器ならばギターやウクレレなんかが人気です。フルートやバイオリンはクラシック系で素敵ですが、ちょっとお金がかかりそうです。
 
ジャズ系ならばサックスやジャズボーカルもお洒落ですね。音楽の趣味がある人は人生でも生き生き過ごしています。本格的に楽器を始めるのもいいですし、簡単にカラオケが上手になれば自信にも繋がります。初心者から気軽に始める音楽教室もありますしプロを養成するようなミュージックスクールもあります。今回は【音楽教室の魅力や基礎知識】をご紹介しましょう。
 
■人気になっている大人の音楽教室はどうして流行っているのか3つの理由
 
★1番目:スケジュールが自由で自分のライフスタイルにあったパターンで通えること
レッスンする時間が自分で自由に決められることができる音楽教室が人気です。自分の都合に合わせてフレキシブルにレッスンできるならば通ってみようかなと思います。逆にレッスン時間がきまっていて、それに自分のスケジュールが合わさなければならないような音楽教室は人気がありません。
 
現代人は忙しくて時間も自由に作れませんから、そんな生活にはフレキシブルにレッスンできるのはとてもうれしいでしょう。音楽教室によって違いますが、前日までに連絡しておけば別の日に振り替えてレッスンできるようなところもあります。逆に1日に2コマ連続で受講できるケースもあります。音楽教室を選ぶ場合は、こういった対応をしてくれるところがいいでしょう。レッスン時間が自由に変えられることも人気に秘密になっています。
 
今大人の世代になっている人は幼い頃に楽器を習いたくてもスケジュールが合わずに断念した人も多いでしょう。決められた時間に通えずにいやになって止めた人もいると思います。そんな経験をした人たちにとって社会人でも通える比較的遅い時間までレッスンできるのは魅力です。最近では土曜日や日曜日も開講している音楽教室もあります。1コマのレッスン時間も45分から60分程度と手軽です。仕事帰りでも気軽に通えるのは負担も少ないです。
 
★2番目:独学よりも上達するスピードが速いこと
ギターやウクレレを演奏してみたいと思ったら自分で教則本をみながら独学でトライすることも可能でしょう。でも、壁に当たって先に進めない経験はないでしょうか?私自身がそうでした。ギターを弾こうと思ってもチューニングからできなかったのです。また独学で練習することで変な癖がついてしまうこともあります。音楽を楽しむだけならば良いのですが、上達スピードは格段に遅くなり遠回りしてしまいます。これが独学のデメリットなのです。
 
「こういったフレーズが上手く弾けない」とか「もっと上手になりたい」ならば自分ひとりではなかなか克服できません。ですが、適切なアドバイスをしてもらえればビックリするほど簡単にクリアできることもあります。
 
音楽教室でレッスンしてもらえるとプロの先生の視点で、ちょっとした秘訣を教えてもらえます。あなたが興味を持っている音楽だけでなく別のフィールドの音楽の楽しみ方を知るキッカケにもなります。聞きたい音楽の幅がグーンと増えてくると音楽性も豊かになるでしょう。先生と一緒に頑張って課題をクリアすることも新しい挑戦になります。これが楽しみになってきてグングンと上達スピードはアップします。
 
★3番目:ライブに出演したりして成果を実感できること
音楽教室が良いのは定期的にライブや発表会が開催されていることです。レッスンしてきた成果を披露できることはとても素敵です。貴重な体験ができることでしょう。ライブや発表会の参加は自主参加性になっていることが普通です。単純に楽しんで参加すればいいでしょう。ライブ出演を目標にすればモチベーションもアップします。上達するスピードも速くなりますし、さらにもっともっとうまくなりたいという気持ちもフツフツと湧いてくるでしょう。
 
音楽教室でもボーカル・ピアノ・バイオリン・ギターなど複数のコースがあればアンサンブルを組むこともできます。バンドをするメンバーを集めて一緒に演奏することは音楽の醍醐味の一つです。ひとりで音楽を楽しむこともいいでしょうが、複数の人達が集まって音を重ねることで出来上がってくる楽しさは格別のものがあります。音の厚みがでてきます。セッションする楽しさは音楽学校でレッスンしているからこそ生まれてくる出会いになります。人生をさらに豊かにしてくれることが人気の秘訣になっているのです。
 
 
 
 
 
■楽器を無料でレンタルできる音楽教室もある
 
音楽教室を運営しているスクールは大手の楽器メーカーや取り扱い店が運営しているケースが多いです。音楽によって豊かな生活・人生を送っていただくためにレッスンしやすい環境を整えることを意識しています。
 
そのひとつの特徴が「楽器のレンタル」です。社会人になってから楽器のレッスンをするにしてもバイオリンやピアノやフルートやサックスなど高額な楽器を初めから購入するのはハードルが高いと感じる初心者が多いでしょう。
 
まず最初は楽器の無料レンタルを利用できるようなシステムであれば気軽に始めることができます。それなりにできる自信ができてから楽器を購入するほうが経済的にも無駄がありません。また社会人になった人達がレッスンするために楽器を持参するのは厄介な面もあります。レンタルしてくれるならば手ぶらで音楽教室に行くことができます。ラクラクなレッスンですから人気もでてきます。
実際に購入する場合は楽器に精通したプロスタッフから適切なアドバイスもいただけます。インストラクターの音楽の先生からもあなたのスキルや身体に応じた楽器や目標としている音楽を実現できる楽器を選んでいただけるでしょう。音楽学校ならば楽器の選び方の秘訣までも教えていただけることは大きなメリットになるに違いありません。
 
 
■大手の音楽教室を選ぶか個人の音楽教室を選ぶか?
 
音楽教室にも大手のところも個人経営でマンツーマンレッスンを中心にしているところがあります。どちらを選べば良いのかも悩むところであります。ここでは大手の音楽教室と個人教室を比較してそれぞれのメリットとデメリットを浮き彫りにしたと思います。
 
大手の音楽教室の場合は「大手である」ことだけで安心感を感じられるところは大きなメリットです。音楽講師・インストラクターとの相性が良くなくても別の音楽講師やインストラクターにチェンジをしてもらえるでしょう。またレッスンを受けている生徒同士が交流を図れる楽しみがあります。ですが個人教室はそういったことが一切できないのが現実です。
 
個人の音楽教室は大手と比較した場合にレッスン料がリーズナブルなメリットがあります。またレッスン時間も比較的フレキシブルに対応していただけるでしょう。デメリットとしては、ベテランの先生に師事していると辞めにくいということです。また人間関係のトラブルになった場合でも解決しにくい点があります。
 
近頃では個人の音楽教室でメリットであったことも大手の音楽教室でも対応してきています。大きくみていくと相違点が少なくなってきている傾向が見られます。また個人の音楽教室でレッスンしていた講師が大手の音楽教室と掛け持ちしていることもあるのです。