おすすめの音楽教室

音楽教室ってなにがいいの?というあなたへ

音楽を楽しみたいと趣味で考えている人は少なくないです。最近は認知症予防という意味合いでも音楽を始める人も多いです。譜面を見ながら手を動かしたりするのに脳にも刺激があっていいようですね。今回は【音楽教室の現状】についてお話します。
 
  • どういった人達が音楽教室に通っているのでしょうか?
 
それこそ年齢層は幅広いです。いわゆる老若男女です。小さなお子さまから年輩まで幅広いです。その中でも具体的にどういった人達がいるのでしょうか?
 
  1. 自分が好きな曲目を楽器を使って演奏してみたい人
  2. ライブ・発表会・文化祭に向けてもっともっと腕を磨きたい人
  3. 高齢者の人で第二の人生の新しい趣味として音楽をやってみたい人
  4. 若いときに音楽をしていたけれどブランクがあるのでもう一度基礎から音楽をしてみたい人
  5. 音楽専門学校や音楽大学への入学を目指している小学生・中学生・高校生
  6. プロのミュージシャンや音楽関連のクリエーターを目指している人
  7. 勉強や仕事の気分転換として音楽を楽しみたいと思っている人
 
こういった人達が音楽教室に通っている人達です。まさに目的はいろいろですが、共通しているのは「音楽が好きである」ということでしょう。
 
  • どうして音楽教室に通うのでしょうか?
 
音楽教室に通うことでプロによる指導をして貰えます。その結果として、皆さまの「音楽ライフ」をより一層充実させることができます。具体的には次のような効果が期待できます。
 
  • 客観的なプロ視点で音楽・演奏力の上達のポイントを指導していただけます。
  • 効果的な練習方法を指導していただけます。
  • プロの講師による模範的な演奏を間近で目の前で見ることができます。
  • 楽器や機材の選択方法を教えて貰えます。
  • 音楽を通じての友達ができます。
  • 音楽業界で仕事ができるキッカケ・ステップになります。
 
以上のようなことが音楽教室に通う目的になります。
通学する理由として最も多いのはプロによるアドバイスを求められることです。独学で勉強するよりも専門知識や経験を持ったプロによる指導は全く違いますし効果的にレベルアップが期待できます。独学で学ぶ人もいます。しかしながら、それで効率良く上達する人は限られているでしょう。
 
個人での独学では上達するまでに長い時間がかかってしまいます。また、客観的に判断して貰えません。個人独特の変な癖がついてしまうのは独学による大きなデメリットになり結局のところ上達するための大きな障壁になってしまいます。本当に演奏が上手になりたい……そう考えているならば音楽教室に通うことがベストです。
 
  • 最近の音楽教室のトレンドについて

おすすめの音楽教室(大阪)のロキシーさんのページを参考

音楽教室なら大阪【ロキシーミュージックスクール】 

近頃では音楽教室で習う人達の年齢層も拡大しています。学びたい人達のニーズも多種多様になっています。従来の音楽教室と言えば、やはりクラシックでしょう。ピアノ・バイオリンフルートなどが有名で主流でした。
 
けれども最近ではポピュラーミュージックであるバンド楽器のギターやハワイアンのウクレレ・ジャズのサックスなども人気です。なかにはカラオケ教室やジャズボーカルはボーカルトレーニングやボイストレーニングまであります。
 
様々なジャンル・コースを設定していないとニーズに対応できないのです。音楽教室の規模も雑多です。個人運営の所もありますし、大手企業が運営している教室もあります。レッスン形態・スタイルも個人レッスンやグループレッスンなど色々です。逆に選択肢が多いから自分に本当にあった音楽教室を選ぶのが難しくなってきているとも言えます。
 
  • まずは音楽教室の基礎情報をチェックしよう!
 
音楽教室では何が学べるのでしょうか?一般的に音楽教室で学べることを整理しておきましょう。
 
  1. 音楽の基礎知識である音楽理論や楽典が学べます。
  2. それぞれの楽器の基本的な演奏方法やボーカルならば発声法が学べます。
  3. 楽器や機材の扱い方が学べます。
  4. 作曲やアレンジなどの編曲の知識が学べます。
  5. パソコンでのDTMの知識や専門のアプリケーションの使い方が学べます。
 
■近頃ではもっともっと専門的なレッスンをしてくれる音楽教室もあります。どういったメニューがあるかをまとめておきましょう。
 
  1. バンド演奏を指導してくれるアンサンブルが学べます。
  2. ソルフェージュや聴音などイヤートレーニングをしてくれます。
  3. コンサート・ライブ・演奏会に参加できるように音楽教室のイベントを体験できます。
  4. プロを目指す場合にはデモテープを作る為のレコーディングやCD制作を教えてくれます。
  5. 専門的なミキシングの技術テクニックを修得できます。
  6. マスタリングの技術がマスターできます。
  7. オーケストラの指揮を教えてくれます。
  8. プロダクションやレーベルの音楽活動についての知識を教えてくれます。
 
こんなふうにかなり突っ込んだ内容についても音楽教室では教えてくれるようになっています。
 
  • では、音楽教室で一般的なレッスンの時間や料金はどうなっているのでしょうか?これは気になる部分だと思います。
 
一般的なレッスンに時間は30分から90分程度になります。人間の集中力を考えるとこれが限界でしょう。もちろんプロを目指すのならばもっと長い時間のレッスンが必要です。ですが、音楽を楽しみたいというレベルならばこの程度で充分です。続けるにしても30分程度は休憩時間が欲しいところです。
 
一般的なレッスン料金は個人レッスンであるのかグループレッスンになるかによって大きく違ってきます。初心者の場合はグループレッスンが中心になりますが、中には他の人と一緒にレッスンするのは苦手な人もいます。自分のペースでレッスンを受けたいならば個人レッスンの選択になります。
 
一般的な個人レッスンの場合は1回30分のレッスンで3,000円から4,000円程度が相場になるでしょう。60分になりますと6,000円から8,000円と考えてください。通常は1カ月単位での支払いになることが多いです。
 
一般的なグループレッスンの料金は1回60分のレッスンで2,000円から3,000円が相場です。音楽教室によっては入会金や教材費が別途必要になることもあります。事前に音楽教室の料金システムをしっかりと理解しておくことは大切だと思います。
 
  • 音楽教室を選ぶ場合のポイント(まとめ)
 
まずはしっかりと目的をもつことです。例えば、どんな楽器をどのように演奏したいのかです。どういった曲を弾きたいのか謳いたいのかです。明確な目的を持つことが音楽を上達するためには最短距離になります。
 
自分にあった音楽教室を選ぶには次の点に注意しましょう。ある程度方向性が決まってきたら体験レッスンに参加させていただくといいでしょう。
 
  • 楽器コース
教えてもらえる楽器やコース内容をチェックしてみましょう。例えばギターというジャンルでもロックで演奏するエレキギターやクラシックギターではギターの形も違いますし演奏方法も違うのです。ロック・ブルース・ジャズ・クラシックなどあなたがどういったジャンルの音楽に興味があるのかを知っておいて、それを満足させてくれるコースがあるかどうかを見極めましょう。
 
  • 音楽教室の場所
勤務先や自宅から通いやすいのかどうかもチェックしましょう。頻繁にレッスンをしたいならばとても大切になる条件です。
 
  • 料金とレッスン時間
音楽教室の料金はレッスン内容によって様々です。1回のレッスン料で比較しましょう。レッスン時間も30分なのか60分なのかによっても違います。入会金や年会費や教材費の有無も確認しておきたい項目です。